元先物外務員が1億円目指して株・FXで資産運用

株とFXの配当と金利で悠々自適生活目指して奮闘中。現在総資産1000万円ナリ。目標は40歳までには1億円貯めてセミリタイヤです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

学校教育

今日のブログは投資とはまったく関係ないですが、
今日は、会社の勉強会で経営者セミナーに参加しました。
講師は学校法人の理事長で、内容は「教育で日本を変える」というものでした。

昨今の日本の教育はニートの増加、いじめ、学級崩壊、学力低下などさまざまな問題があります。

すべてしつけの仕方が悪くなっている結果です。

理事長は、「挨拶」「返事」「姿勢」このあたりまえのしつけを徹底して子どもに指導していきます。

当たり前のことを当たり前にするのがなかなか出来ないのですが、意識しないで出来るレベルまで成長していきたいと思います。

スポンサーサイト

PageTop

投資方針

ようやく株も為替も落ち着いてきた。
いつも、暴落するとどんどん買っていく予定にしているんだけど、
いざ暴落になると少しびびってしまう。

相場で勝っている人は他の人が投売りしているところを勇敢に買いに回った人だと思う。

まだ現金比率が多いので、少しずつ買っていこうと思います。

東証で金のETFがもうすぐ上場するみたいなので、ポートフォリオに入れるか検討中です。

マネックスは株・FX・先物すべて1口座で完結できます。



PageTop

年間配当・金利総額

今日は仕事が休みなので、久しぶりに投資状況の集計をしてみました。
基本的に売買はあまりしないので、差益はあまり考えていません。
株の配当と為替の金利ならある程度計算できるので、月に1回程度集計しています。

年間配当総額(優待含む) 113,000円
年間FXスワップ        237,000円
合計               350,000円

でした。今後リートとNZドルを買いましていきます。
とりあえず今年中に、年間50万円の不労所得を目指します。



PageTop

真珠商法詐欺

先日、真珠養殖事業への投資で出資金を集めた、真珠販売会社「キュート」の浦川満夫社長が出資法違反で逮捕された。全国で50億円被害出ているようだ。今後、詐欺容疑での立件の可能性もある。

 調べでは、真珠養殖に約100万円投資することの見返りに、20万~29万5700円の配当金を支払うことを約束。22人から計7020万円を集めた疑い。

投資をする場合は、発行元や出資する会社をよく調べることが大切です。よくわからない投資先には気をつけましょう。




PageTop

マルシェMSCB発行

日経平均も為替も週明けから反発し、安心していると、保有株の中で唯一大暴落している銘柄があります。

7524 マルシェです。優待目的で長期保有する予定の銘柄なのですが、
投資家から非難が続出しているMSCBを発行しました。

MSCBとは、時価より有利な価格で株式に転換できつ転換社債のことです。つまり、既存株主より割引価格で、いつでも株式に転換することができるのです。また転換による株式増加によって、一株あたりの利益が希薄化され、EPS、ROE, ROA といった指標の低下が起こります。
つまり、既存株主の犠牲の上に成り立っているのが、このMSCBなのです。

今の財務内容を見ると社債を発行せずとも資金調達出来ると思います。それが株主利益を無視したMSCBを発行とは‥

売却を検討です。

資産運用ならマネックス証券で!



PageTop

口座残高

2007年8月20日現在 資産状況

株式    3,224,331円
外国債券  446,706円
外貨MMF   81,979円
FX     1,469,433円
先物    1,000,000円
MRF    3,794,988円
現金     415,453円
合計    10,488,922円


先月と比べると▲570,078円です。
先週の株と為替の暴落が効いています。
まぁ1,000万円を切らなかったので、良しとします。

給料からの投資資金の捻出と日々の配当とスワップ金利で徐々に増やしていきたいと思います。





クリックしてね→にほんブログ村 為替ブログへ

PageTop

大暴落

日経平均とともに円相場が大暴落しています。

とくにNZドルが4円近く円高になっています。東京時間にここまで動くのはあまり見たことがありません。

ストップロスの注文が出ているのでしょうか?

円安時に溜め込んでいた含み益がどんどんなくなっていきます。
ここ一週間で20万以上の減少です。
しかしスワップ金利は日々増加中ですので、ここは我慢です。

80円と79円10銭でNZドルを0.1ポジションずつ買い増しました。




PageTop

ネット専業商品先物取引会社の統合

14日、ネット専業のドットコモディティーの車田直明社長が商取会社3社の統合を発表した。
ドットコモディティーが存続会社になり、ひまわりCXとアトマックス・フューチャーズのネット部門を譲り受ける。

商品先物取引会社の淘汰はついにネット専業にまで及んできた。やっぱりシステム投資などが響いてなかなか業績も上がらないのかなぁ。

これからは、FXのようにもっとメディアを使って知名度を上げて、投資初心者の取り込みに力を入れてほしい。




クリックしてね→にほんブログ村 為替ブログへ

PageTop

サブプライムローン

サブプライムローンの影響が欧州にも出ているようだ。

アメリカの金融機関はローンをファンドなどにすぐに転売するため影響が最小限に抑えられているようだが、欧州の金融機関は高利回りを求めて、自分自身でローンを引き受けていたようだ。
フランス金融大手のBNPパリバは傘下のファンドの営業休止を発表するなど、欧州市場では大きな影響が出ている。

世界の金融当局が、信用不安の広がりを抑えようと、金融市場に資金を供給する素早い対応をとったが、欧米経済の不透明感を背景に、円高基調が続きそうだ。


マネックスはFXが1000ドル単位で取引できます。


PageTop

お盆休み

ここ最近本業が忙しくてブログの更新もままなりませんでした。
明日から5日間お盆休みです。

先物会社で働いていたときは盆休みはありませんでした。市場が開いているので休めません。

この1週間で為替も、株も調整がだいぶ進みました。
NZドルを89円、88.50円で0.1ポジションずつ買いました。
機械的に50銭下がるごとに買いましていきます。

日経平均もだいぶ下がっているので、ETFを買っていこうかと思っています。





クリックしてね→にほんブログ村 為替ブログへ


PageTop

とうもろこしとエタノールと自然破壊

近年の石油高騰により代替燃料としてとうもろこしやサトウキビを原料とするエタノールが注目を浴びている。

中国の特需やエタノール需要が伸びとうもろこしの在庫が激減し、とうもろこしの値段も急激に高騰している。
アメリカやブラジルなどとうもろこしの生産国は現在エタノール工場建設が盛んに行われている。

注目されている原因はバイオエタノールは石油と違い、生産の際に植物が光合成をして二酸化炭素を吸収するのでトータルすると石油より二酸化炭素排出が抑えられるということだ。

しかし、現在、森林や草原を焼き払い、畑にしているところも数多い。これでは逆に自然破壊につながりかねない。

将来、エネルギーの中心がバイオエタノールが石油に成り代わる時代はくるのだろうか?
少なくともとうもろこしの価格は数年前のように低迷することはなさそうだ。





クリックしてね→にほんブログ村 為替ブログへ

PageTop

NZドル買い増し

前週末の米国株急落を受けて、日経平均、円相場ともに続落した。
日経平均は後場になると下げ渋り、円相場も持ち直している。

週明け朝方に安値がでると予想し、日曜日の間にNZドルを88.75円で指値注文をしていました。

朝7時過ぎに注文が通りました。まだ数日はもみ合いの相場が続くと思うので安値が出ればナンピンしていきます。


FXはマネックスでやっています。


PageTop

新興国経済と外国為替動向の見通し

本日、キャピタルパートナーズ証券主催の無料セミナーに参加してきました。
講師はマシュー・ボーゲル氏を迎え、「新興国経済と外国為替動向の見通し」をお話いただきました。内容はアジア、中東欧・アフリカ、中南米の新興国経済・通貨市場の展望とエマージング・カレンシーズ・ファンドの商品説明でした。

マシュー氏によると、今年の新興国経済は5年連続の高成長の見込みで、経常収支も改善しているので、資金流入が見込まれるということでした。エマージング地域は今後も先進国以上の成長率を続け、長期投資に妙味があるとのことでした。

ファンドのほうは年率14.7%と安定的なリーターンを誇っています。
いちばん興味を引かれたのは、このファンドは、公募外国公社債投資信託として扱われ、売買益は原則非課税(将来変更の可能性はあり)ということです。
FXでもエマージング通貨には投資できますが、雑所得として税金がかかります。信託報酬などは毎年かかってきますが、非課税ということを考えると投資効率はファンドのほうがいいかもしれません。

充実した休日を過ごせました。





クリックしてね→にほんブログ村 為替ブログへ

PageTop

えび養殖詐欺

フィリピンでのエビの養殖事業に出資すれば1年で倍になる」と出資を募り、実態のない事業で金をだまし取っていたとして、投資会社「ワールドオーシャンファーム」は詐欺容疑で捜索されているようだ。出資者は約4万人以上で、計約600億円の被害総額である。 出資者には10日に一度、数千円から数万円の配当が振り込まれていたが、5月下旬に、台風で養殖場が被害を受けたという理由で配当がストップした。

同社代表は以前にもネットワークビジネスで被害者を出していたようだ。
こういう業界は解散しても、また新たに会社を作り新たな被害者を出し続ける。

よくよく考えると、1年で利回り100%の金融商品などは非常に投資リスク(今回の場合は信用リスク?)が高いのは当たり前で、投資家にも責任があると思う。安易な儲け話には気をつけましょう。
いつの時代にもこういう話は後を絶たないので、最低限の金融の知識を身につけることが必要だ。



PageTop

円買い戻し一巡か?

シカゴ・マーカンタイル取引所の通貨先物取引を見ると、円売り越し高は6月末に比べて約30%近く減少し円買戻しが進んでいる。
ただNY株式市場は3日、住宅金融問題の拡大懸念を嫌気した売りに押され、281.42ドル安となった。
これを受けてさらに週明け円買戻しに拍車をかける展開になるかもしれない。

来週は調整率の高いニュージーランドを中心に少しづつ買って行きたい。

FXならkakakuFXプレミアム


PageTop

日銀、保有株売却

金融システム不安の回避や株式の持ち合い解消を目的に金融機関の保有株式を買い取ってきた日銀が、今年10月から株式売却を本格化させる。
株式相場に悪影響が出ないよう市場動向を慎重に見極めながら、今後10年以内に売却を終える方針だが、株価の上値を抑える要因になりそうだ。

最近個別株の投資をやめて日経平均連動の商品に投資しようかと考えています。
いろいろ調べるのがめんどくさくなってきました





クリックしてね→にほんブログ村 為替ブログへ


PageTop

金融商品取引法の完全施行

金融商品取引法を9月30日に完全施行するとした政令を閣議決定した。深夜・早朝などの迷惑な時間の個人顧客に対する電話や訪問による勧誘禁止など、投資家保護を強化したようだ。

商品先物取引は基本的にテレコール営業なので勤務時間もだめ、深夜もだめになると営業できなくなる
これで、ますます業界が縮小に向かうだろう。

痛みを伴う改革が必要だ。なんとか頑張ってほしい。

昨日飛込みで○○商事がきたけど、社名も全部言わないし、業務内容もあやふやにしていた。もっと堂々と営業したらいいのに、やっぱりどこか引け目をかんじているのかなぁ。




クリックしてね→にほんブログ村 為替ブログへ

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。