元先物外務員が1億円目指して株・FXで資産運用

株とFXの配当と金利で悠々自適生活目指して奮闘中。現在総資産1000万円ナリ。目標は40歳までには1億円貯めてセミリタイヤです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

松下幸之助イズム

本日、松下電器を早期退職して会社を立ち上げた方のところに営業に行きました。
雑談の中で、今の松下は全然だめという話になりました。というのも、リストラで優秀な社員がどんどん流出しているそうです。
今は短期的に業績は回復しているが、10年先20年先は真っ暗と言われていました。

昨今、会社の業績が悪くなると企業はすぐにリストラに走りますが、
その方いわく、松下幸之助なら管理職を集めて「会社の業績を回復させるには君たちの力が必要だ!だが君たちは高給取りだ。だから今は給料を半分我慢してほしい。業績が回復すればその分はお返しする」と言うと思う。短期的に業績を回復させるのは誰でも出来る。50年100年繁栄するのが本物の優良企業というものだ。
とおっしゃっていました。

今の大企業は本質的なことを忘れているのかもしれません。

株式投資も単に業績だけ見て投資するのも考え直さなければいけないと思いました。






クリックしてね→にほんブログ村 為替ブログへ

スポンサーサイト

PageTop

新たな収入源

新たな収入源を作りました。
輸入業を始めます。インドネシアから輸入してネットなどで販売する予定です。あまり期待はしていないですが、ぼちぼちやっていこうと思います。

所得の中で給料の割合とそれ以外の割合を50%・50%にするのが目標です。

現在の収入の割合は、
給料                 85% 
配当や金利            10%
アルバイト              4%
アフィリエイト・オークションなど  1% 


イーバンクはネットショッピングやオークションに便利な銀行。。





  

PageTop

為替予想

いつかは調整が来ると思っていましたが、ここ最近円高になるときは急騰するので、びっくりします。

今後の為替予想ですが、高値から10円ぐらいは落ちるかなと思っています。1ドル=114円ぐらいと予想しています。個人的な予想ですので、売買はご自身の判断でお願いします。

すでに打診買いは始めていますが、来週からもちょっとづつ買いましていきたいと思います。

基本的な売買方針は買ったら意地でも売らないをモットーにしています。急激な円高になってもうろたえないぐらいのレバレッジがいいと思います。

FXならトレイダーズ証券で!



PageTop

米相場師・牛田権三郎の名言

「野も山も、皆いちめんに弱気なら、あほうになり米を買うべし」
「人の行く裏に道あり、花の山」

米相場師・牛田権三郎の有名な名言ですが、逆張りの思考です。

本日の株式市場は米国株の急落を受けて全面安で一時は500円を超える下げ幅となりました。

為替も円買い・ドル売りが加速し、3カ月ぶりの円高水準となりました。円を売って高金利国通貨で運用していた投資家が、円を買い戻す動きを強めています。

まさに今市場が急落して弱気な発言が出てきていますが、それに惑わされず勇敢に買い進んでいきます。

先日ドルを試し買いしましたが、早くも含み損を抱えている状況となりました。
これからも徐々に買い増していきます。

今日は豪ドルを0.1万豪ドル買いました。


手数料無料のFX kakakuFX






PageTop

株安・円高

昨日に引き続き株安円高です。日経平均はー156円安の17702円09銭でした。参院選挙の投開票が週末にあるので、手仕舞い売り圧力が強まった結果だと思います。

円相場も引き続き円高に振れています。NZドルに関しては2円50銭もの円高です。

為替ブログを見て回っていると、皆さんざわついています。

徐々に買いを仕込んで行きたいと思います。

株・FX・先物すべて一口座で完結できます。


PageTop

円高・株安

米国株式が200ドルを超える大幅安となったことや、米国株式の急落を受けて為替相場もやや円高の方向へ振れたことが懸念材料となり、終値で1万7900円を割り込んだ。

為替は120円33銭から119円80銭まで下落した後、120円34銭まで反発した。

日本株も日本円も少し調整局面に入ってきたようだ。119円前半ぐらいでまた打診買いする予定。

リートも最近調整に入ってるみたいなので、もうちょっと様子を見て買い増ししていきたい。今、スターツプロシード投資法人を3口保有しているが、5口ぐらいまで買っていく予定。





クリックしてね→にほんブログ村 為替ブログへ

PageTop

平成19年度、市民税、納税しました

以前に納税通知書が届いていたのですが、ほったらかしていたら昨日督促状が来ました。
今年から所得税が減って住民税が上がってるみたいです。

合計で165,100円でした。めんどくさいので一括で全部払いました。

社会保険とか税金とか最近すごく負担に感じます。
働いても働いても豊かにならないワーキングプア状態です。
はやく経済的自由を手に入れたいと強く思いました。



人気のトルコリラ、南アフリカランドを含めた約150種類の通貨ペアが取引可能です。


PageTop

大株主になる方法

大株主とは上位10位ぐらい株主のことで、筆頭株主ともいう。

四季報を読んでいるとよく竹田和平さんの名前をよく見る。
竹田和平さんという人はもともとは竹田製菓というお菓子屋さんの代表取締役社長ですが、事業を成功させた上に、さらに個人手投資家としても日本で一番成功を収めた方と言えるでしょう。

何十社という時価総額の小さな上場企業の株を長期保有で持っておられる人だ。

「僕も四季報に載りたいなー。」と思いながら、ネットで調べてみると、福岡Qボードに上場している、メディアファイブ(株)という会社は
時価総額が2億8100万円で、2%ぐらい買うと大株主になれるのだ。約560万円で大株主になれて、さらには四季報に載るのも夢ではない。

買う勇気はないけどね





クリックしてね→にほんブログ村 為替ブログへ



PageTop

くりっく365

今使っているFXの会社はマネックス証券と大和證券です。
どちらも店頭取引なので、そろそろ税金のことも考えて、くりっく365の口座も開こうかと思っています。

基本的に利益確定しないので関係ないのですが、将来的に必要かなと考えています。

店頭取引で得た利益については、雑所得として総合課税の対象となります。この場合、所得の金額によって税率が下記のように変わってきす。

合計所得金額 税率
200万円以下 15%
200万円~330万円以下 20%
330万円~700万円以下 30%
700万円~900万円以下 33%
900万円~1,800万円以下 43%
1,800万円以上 50%

このように、利益を得るほどに税収は高くなっていき、
1,800万円を超えると、そのうち半分を税金で持っていかれます。

しかし、クリック365の場合、申告分離課税で一律20%となり、
所得の金額によって税率が変わることはありません。

また、店頭取引で損失を出した場合、
翌年に損失を繰り越すことはできませんが、
クリック365では、損失を3年間繰り越すことが可能です。

クリック365は、店頭取引に比べてかなり税制上の優遇を受けているといえます。

さらにクリック365では、投資家の証拠金は全額取引所に完全預託され、その上で分別管理されます。そのため万一、取引業者が破綻した場合でも、取引所に預託された証拠金は全額返却されます。
店頭取引と比較して安全性が高いといえると思います。



PageTop

中国利上げから円高

中国利上げ、利子税率下げを引き金に米株安・長期金利下落で主要通貨は一気に調整した。

米ドルが一時120円台に突っ込む場面もあり久しぶりの調整です。
いつもは高値から5%の調整からかい始めるのだけど、今回はちょっと試し買いをしてしまいました。

マネックスFXで、120.96円で0.1万通貨だけ追加しました。

来週からもしばらく調整が続いてほしいものです。
今まで心地よい円安だったので、ポジションが膨らんでいる方も多いかと思いますが、資金管理は慎重にしましょう。

マネックス証券は株・FX・先物すべてそろってます。




クリックお願いします→にほんブログ村 為替ブログへ

PageTop

エマージング通貨投資の無料セミナー

本日、キャピタルパートナーズ証券によるエマージング通貨投資の無料セミナーの広告が日経新聞に載っていました。

東京・大阪・名古屋で開催されるので、早速大阪で申し込みをしました。

内容は、イギリスのバークレイズ・キャピタルから新興国市場チーフストラテジストであるマシュー・ボーゲル氏をメイン講師に迎え『~新興国投資の新潮流~』と題して、アジア、中東欧・アフリカ、中南米の新興国経済・通貨市場の展望のほか、新興15カ国のエマージング通貨総合インデックスを利用した新しい投資手法等をご紹介するセミナー(参加費無料)です。

無料セミナーなので参加しようと思います。


セントラル短資オンライントレードは100年の歴史を持つセントラル短資のグループ会社です。
業界最高水準のスワップ金利を提供しており、業界初の即日全額信託保全サービスを開始いたしました。安心と信用で選ぶならセントラル短資オンライントレード。



クリックお願いします↓
にほんブログ村 為替ブログへ

PageTop

米金利据え置き

18日米連邦準備理事会のバーナンキ議長は米経済の安定に自信を示しながらも、景気減速とインフレを警戒する姿勢で、当面は政策金利を据え置く意向を示した。

昨年の8月以降、8回連続での据え置きだが、以前円とは金利差があり円売り圧力は今後の続きそうだ。

来月は日本の金利が上がるかもしれないので、調整があるかなー。
調整を待っていると、どんどん円安が進んでチャンスを逃しているような気持ちになります。
もうちょっと我慢しようか、ためし買いをするか迷ってます。



PageTop

金先物ミニ取引開始

17日から東京工業品取引所で小額の資金で取引の出来る金先物ミニ取引が始まりました。
初日の売買高は22,258枚となった。予想より少な目の売買高となった。

前に上場した中部大阪鉄スクラップの昨日の売買高は24枚で建玉が10枚だった。もう上場廃止にしたほうがいいのではないでしょうか。他にも中部大阪商品取引所と関西商品取引所の中には売買が低迷している銘柄が数多くある。

以前働いていた先物会社では新規顧客の継続率が3ヶ月ぐらいだった。
ここ最近の新規顧客が増えない中で売買高を増やすためには、過度な売買を控えて顧客の継続率を長くし、裾野を広げていく努力をしなくてはいけない。顧客を使い捨てという考え方を改めなければ日本の商品市場に未来はないだろう。

ちなみに僕は商品先物はやっていません。なぜかというと期間が決まっているのと、配当や金利がないからです。
今後は鞘取りなどを勉強しようかなと思っています。



クリックお願いします。→人気blogランキングへ

PageTop

スターツプロシード投資法人の配当がきた

本日、スターツプロシード投資法人の配当が届きました。
一口あたり5812円でした。二口保有しているので11624円です。
株価が200,000円なので配当利回りは、5.8%です。

スターツプロシード投資法人はJリートの中で唯一ジャスダックに上場している銘柄です。
中堅所得者向けの賃貸住宅が中心で、安定的な利回りが期待できます。
懸念材料は借入れがすべて変動金利だということです。長期金利が上昇してくるとちょっとしんどいかも‥
でも利回りがいいので長期保有銘柄です。

明日、仕事の合間に郵便局に行ってきます。



PageTop

老後資金の準備方法

最近本屋に行くと、老後の資金の用意の仕方などの本がたくさん並んでいる。
社会保険庁の相次ぐ不祥事や若者の年金不払いなどで公的年金が将来破綻するかもしれないという不安の表れかもしれない。

先日、日経新聞で公的年金以外の老後資金の準備方法のアンケートを実施していたが、50%以上が定期預金だった。リスクの低い投資商品が人気があるようだ。FXや商品先物は残念ながら入っていなかった。

これから円安が進んでいき、物価が上昇していくと預金だと実質的に目減りが起こってしまう。
今後はインフレに対応できるように株式や外貨、商品などをもっと取り入れたほうがよい。

資産運用をやっている人と、やっていない人では二極化が起こってくると思います。10万円あれば株も買えるし、出来るだけ若いうちに種銭を貯めて投資にトライしてみることが大切だ。

マネックスは株・FX・先物全部そろってます。




PageTop

豪ドルと資源価格

僕は基本的にオセアニアの通貨が好きです。
理由は単純に高金利であることです。

オーストラリアは鉄鉱石をはじめウラン、金など数多くの鉱物資源の産出国である。
昨今、原油をはじめとする資源価格が高騰しているが、資源をたくさんもつ国は経済も好調だ。
今後、人口増加やBRICsなど新興国の需要急増で資源価格高騰はしばらく続くと思う。
経済が強くなれば当然その国の通貨は高くなる。オーストラリアはその筆頭だ。
1970年代、豪ドルは1豪ドル=400円を超えていた。2000年にようやく底を打ち、商品市況の上昇とともに上昇に転じた。
今1豪ドル=100円を超えて、過熱感はあるが、もしかすると今が底値圏かもしれない。

余剰資金があれば月々定額で豪ドルを買っていくのもいいかも。


トルコリラ、南アフリカランドを含めた約150種類の通貨ペアが取引可能です。


PageTop

原油価格と先物営業

北海ブレンド先物相場が14日時間外取引で、1バレル77ドル台後半をつけた。たしか最高値が去年の夏につけた78ドルぐらいだったかな。
今回の上昇は北海油田のパイプラインが故障したことらしいが、それ以上に投機マネーの流入が大きいと思う。

週があけると先物外務員達は見込み客に朝からプッシュ(電話などで取引の後押しをする)で忙しいだろうな。
現役のころは片っ端から電話をかけたものだ。今は再勧誘禁止で大手の会社がよく営業停止になっている。

先物の営業マンは基本的に知識レベルが低い人が多い。
商品先物取引の会社で働いているのに、日経新聞はろくに読まないし、自分自身で株式など投資をしている人はほとんどいない。
自分で投資をしていないのに、他人に投資商品を営業しても説得力に欠けるし、いいアドバイスも出来ない。
お客さんに質問されてしどろもどろしている同僚をよく見たものだ。

ただ知識だけでは新規は取れない。一番大事なのはコミュニケーション能力だ。機械的に商談をしてもお客さんと仲良くなれないし、信用もしてもらえない。

僕は先物の仕事が好きだった。お客さんが「若いのによく勉強してるね」とよく言ってくれたが、それが一番うれしかった。もうちょっと労働環境がよかったら続けてたのにな。


先物ならネット取引のマネックス証券で!





PageTop

ダブルワーク

先物会社で働いていたときは当然土曜日出勤でアルバイトなんかやる暇はなかったけど、今のITの仕事はかなり時間に余裕があります。
会社はだいたい週休2日制なので、時間があるときは登録している派遣会社を通じてアルバイトに行っています。

今日は工場で今人気の任天堂のWiiの出荷作業をしました。
普段は営業で体をあまり動かさないので、運動にもなって一石二鳥です。
本日の給料は6,720円でした。
ちょっと低いような気もしますが‥‥

給料と投資とアフィリエイトとアルバイトで人並み以上に稼げるように頑張ります。



外貨預金より断然おトク!『外国為替取引』



PageTop

日本商品先物取引協会の制裁

商品先物取引大手のコムテックスと大起産業が、日商協より過大取引及び不正資金流入などでそれぞれ過怠金2000万円・2200万円の制裁が行われた。

ちゃんと記事を見ていないのだが、多分これはある宗教法人の経理担当の客を取引に参加させて、法人の資金を流用させた事件の制裁かな。たしか4億ぐらい入金して、手数料も4億近い金額だったと思う。僕がまだ働いていたときの事件だ。
先物は経理担当の人がお客になるときは誓約書をもらって横領を防ぐのだが、結構内部ではこういう話をよく聞いたものだ。

今の先物会社の財務内容でこの過怠金はかなりきつい。
先日の日経新聞に、今後数年で先物業界は80社ぐらいから50社ぐらいに減ると載っていたが、僕は30社ぐらいまで淘汰されると思う。

早く膿を出し切って、健全な市場になってもらいたい。



PageTop

利上げ見送り

本日の政策委員会・金融政策決定会合では予想どおり利上げは見送られ、現行の年0.5%に据え置いた。
8月と年末に利上げして1%ぐらいになるというのが一般的にいわれているが、僕も多分そうなると思う。
まだまだ利上げしたとしても低金利が続きますね。

こういうのは予想して、資産運用するのはいいけど、一番大事なのは円安、円高どちらに転んでも対処できるように余裕を持って取り組むことだ。資金があると全部使ってしまいたくなるけど現金比率は高めに設定しておいたほうがいいと思う。

レートを見るとあんまり円高になっていないですね。今回も買い場はないかもしれないなぁ。


マネックスは株もFXも先物もひとつの口座で完結できます。



PageTop

外貨の買い場は?

ようやく円高になりました。
注目しているのはニュージーランドドルですが、高値96.67円から
約3%の調整です。

僕はいつも高値から5%調整が入ると買い始めます。
だからまだ買いません。
92円ぐらいから買おうと思います。そこまで調整がなければ見送りです。

kakakuFXでは、人気のトルコリラ、南アフリカランドを含めた約150種類の通貨ペアが取引可能です。



PageTop

スターツプロシード投資法人

昨日に引き続き株式の買い付けを行いました。
Jリートのスターツプロシード投資法人です。

分散投資の一環でリートにも投資しています。
スターツプロシード投資法人はリート唯一のジャスダック上場です。
当投資法人は、最も需要の安定している平均的な世帯を対象にした賃貸住宅を主要な投資対象とすることで、安定的な運用を継続的に行うことを狙いとしています。
さらに、スターツグループの中には不動産営業店舗「ピタットハウス」や、分譲住宅の企画、開発及び販売等を行うスターツデベロップメント株式会社などがあり、安定的な成長が望めます。

年間配当は11,232円で利回りは約5.5%です。
今日の買い付けをあわせて合計3口保有しています。価格が下がってくれば買いましていきたいと思います。

携帯で注文すると、10万以下なら手数料105円


PageTop

マルシェ買い付け

本日新しい銘柄を仕込みました。
東証一部上場の関西企業、マルシェです。
マルシェは関西・東海が地盤の居酒屋チェーン店です。
年間配当一株あたり24円、株主優待は6000円の食事券です。
梅田や神戸などにも店舗がたくさんあるので、飲み会のときに使いたいと思います。
年間配当優待利回りは、7.86%です。

今日の日経平均は上昇して、6月21日につけた年初来高値を更新して、2000年5月2日以来、約7年2カ月ぶりの高水準となりました。

上昇するのはいいけど、なかなか買いづらいので調整してほしいです。



【口座開設数210万口座突破!預金預入総額5,000億円突破!!】



イー・トレード証券は、口座数、預り資産、売買代金シェアでNo.1を誇るオンライン専業証券です。

PageTop

口座残高

2007年7月8日の資産状況
株式   3,232,000円
外国債券  546,000円
外貨MMF  93,000円
MRF  3,759,000円
FX   1,600,000円
先物   1,000,000円
現金    829,000円

合計   11,059,000円 

こらからは月初に資産状況を発表していきます。
MRFと現金の比率が大きいので投資に回したいのだけど、買いたいものがないので困ってます。もっとFXの比率を上げたいのだけど、円安で待機中です。
今後は外国株などにも投資していきたいです。



PageTop

ニュージーランドドルの今後の行方

現在FXのポジションの中で一番多いのがニュージーランドドルです。
ポジションのほとんどは対円です。
現在政策金利は8.00%でこの先も先高感があります。多少値動きはありますが、この金利差は魅力的ですね。

ニュージーランドドルはかつて固定相場のときは1NZ$=400円という時代もありました。その後、円高のトレンドになり、2000年には40円で底をうち、ここ5年は円安方向に動いています。

さて、今後の行方ですが、ニュージーランドは先進国の中で随一の高金利通貨。そして、相続税や、キャピタル課税がなく外国人に対する課税が少なく今後も外貨の流入は続くと思います。

短期的には調整もあるかとは思いますが、10年スパンの長期円安トレンドは変わらないと考えます。

僕は株・FX・先物全部そろっている、マネックス証券を利用しています。


PageTop

インフレによる円高?

原油をはじめ世界のエネルギー価格が高騰している。それが波及して農作物まで高騰している。特にとうもろこしは原油高騰によるクリーンエネルギー需要が急拡大し、エタノール消費量が爆発的に増え在庫が激減し、価格は高止まりしている。
さらにここ最近の円安で輸入品の価格が上がっている。

日本は自給率が40%ほどなのでこのままコモディティー価格の高騰が続けば輸入インフレになり、長期金利も上がり始める。
そうすると今話題の円キャリートレードの巻き返しが起こり、急激な円高なるというシナリオも考えられる。

しかし少子高齢化による長期的な日本経済の弱体化などの問題もあり円が売られる傾向もある。
将来どうなるかは神のみぞ知るということだ。
個人的には110円ぐらいの円高になって外貨を買い込んでから、円安になってほしい。

トルコリラやランドも扱っています。






PageTop

商品先物取引大手の小林洋行、行政処分

先日、商品先物取引大手の小林洋行(東証1部上場)が43営業日の受託業務停止処分となりました。同社は顧客とのトラブル隠しや取引を望まない顧客を勧誘するなど、法令違反があったとして処分された。

そーいえば、僕が先物業界にいた半年前ぐらいからそろそろ業務停止になると噂させていました。

最近新聞などで先物の売買高を見ると激減しているのがわかります。個人情報保護法などの施行により新規取りが難しくなってきたのと、顧客保護の観点から無理な売買が抑制されてきた結果だと思います。

今後業界では淘汰の嵐が来ると思います。ていうかもう来てますね。

上場している先物会社を空売りするのも面白いかもしれません。
もうだいぶ下がっていますが、まだいけると思います。

マネックスは株・FX・先物すべて取り扱っています。




PageTop

ユーロの今後

167円49銭。過去最安値ですね。
すごい円安ですねー。僕はユーロのポジションを一つも持っていません。円安になっている理由は単純に金利差の拡大でしょうか?

僕がFXを始めたのは2005年の9月ですからそのときが135円ぐらいでした。120円になったら買おうと思っていたら、それ以来円高になることなく167円になってしまいました。

あの時買ってたら、1万ユーロあたりの利益が30万円+スワップでした。惜しいことをしました。

買い場がなかなか来ないので、FXのほうはほっておいて、日本株を買い増します。


業界最高水準のスワップ金利を提供しており、業界初の即日全額信託保全サービスを開始いたしました。安心と信用で選ぶならセントラル短資オンライントレード。


PageTop

新興市場の注目銘柄

未来のソニーを探すために新興市場に注目しています。

今僕が一番注目している銘柄はヘラクレス上場のeBASE(株)。
eBASEは商品情報データベース「 eBASE 」をパッケージソフトウェアとして開発、販売している会社です。
上場以来6期連続で増収増益です。

僕は実際にこの会社の営業を受けたのですが、すばらしい営業力でした。営業の人にもよるでしょうが…

ライブドア事件以来、落ち込んでいる新興市場ですが、そんな時期こそ宝物が転がっています。

下がってくるようなことがあれば買い増しの方針です。

イー・トレード証券は、口座数、預り資産、売買代金シェアでNo.1を誇るオンライン専業証券です。業界屈指の格安手数料や、豊富な投資情報・サービス・取扱商品ともに、業界トップクラスです!




PageTop

イエローハット・コナミの株主優待

本日、イエローハットとコナミの株主優待が届きました。
三月決算の会社の配当や優待が続々と届いてます。
コナミは施設利用券2枚です。1枚で2名まで利用できるので、家の近くのコナミスポーツに友達と行ってきます。
イエローハットはお買い物割引券です。前までは3000円の商品券でしたが2期前ぐらいから1000円当たり300円の割引券に変わりました。ちょっと使い勝手が悪くなり残念です。
今は車をコスト削減の一環で手放したので使い道がなくなったのでオークションで売ろうかと思っています。使わないから株を売ろうかなー。



PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。